日本のネット安全性は世界で第3位 最も危険なのはトルコ | viktw2 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

日本のネット安全性は世界で第3位 最も危険なのはトルコ

返信
threatometer 世界地図
 オランダのセキュリティ企業AVG Technologiesは8月23日(現地時間)、世界のネット接続安全性に関する国別ランキングを発表した。同社の調査によると、日本は世界で3番目に安全にWebを利用できる国だという。
 この調査は、同社のウイルス対策ソフトがインストールされている、世界144カ国の1億2700万台のPCのデータに基づいて行われた。期間は7月の最終週の7日間。ウイルス対策ソフトが検知・対処した攻撃の数から換算した。その結果、世界の平均では73人に1人が攻撃を受けていたという。

日本のネット安全性は世界で第3位 最も危険なのはトルコ——AVG調べ - ITmedia News


CEO J.R.Smith氏のブログ Looking beyond the statistics: internet safety tips


・144か国平均 1日あたり73人に1人が被害

・最も危険な国トルコ 10人に1人

・次点ロシア 15人に1人

・アメリカは9位 68人に1人

・意外にも?低い中国 135人に1人

・日本は403人に1人


安全な国1・2位はネット利用の低いといわれるアフリカのシエラレオネとニジェール。

日本はあれでしょ?キなんとかウイルスに始まる暴露系が致命的な被害になっちゃったから。

中国は低いけど確かにこのデータは攻撃を受ける側の話でして、与える側となるとやっぱり上位に来ちゃってるみたいです。うーん、貿易黒字。

(マカフィーの「危険なWebサイトの世界分布」2009年版より)

マカフィーのドメイン調査 2009年 危険なドメイン.com(2位)と中国(3位) 安全なドメイン.gov(1位)と.jp(2位)

投稿者 viktw2 | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2019 HeartRails Inc. All Rights Reserved.