道路・鉄道に堤防機能 復興まちづくり方針 宮城県 | viktw2 | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

道路・鉄道に堤防機能 復興まちづくり方針 宮城県

返信
宮城県の復興まちづくり方針 (1)道路や鉄道を盛り土構造に (2)住宅地を高台へ移転
 県は今回の津波で、盛り土構造だった仙台東部道路、常磐自動車道が堤防機能を発揮し、道路より内陸側の浸水が軽微だったことに注目。平野が広がる県南部を中心に輪中の形成が減災に効果があると判断した。
(中略)
水産地域は漁港近くに加工場を設けざるを得ないが、職場と住まいを可能な限り分ける「職住分離」を進める。被災鉄道のルート見直しは22日からJR東日本と協議に入った。

河北新報 東北のニュース/道路・鉄道に堤防機能 復興まちづくり方針 宮城県


これからの議論や現実的な問題はいろいろ出てくるとは思いますが、まずは輪中をモデルに、ということのようです。

投稿者 viktw2 | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.