1人目 と 2人目 | viktw2 | sa.yona.la help | tags | register | sign in

1人目 と 2人目

reply
1人目: Florencio Ávalosさん(手前)とピニェラ大統領が抱き合う。右に7歳の息子バイロン君と妻モニカさん 2人目: Mario Sepúlvedaさん。右端に妻エルヴィラさん
救出の様子を描いた絵。上に自分の名前 Bairon avalos araya
「ついに無事に帰ってきた」——。作業員33人が地下坑道に閉じ込められたチリ北部コピアポ近郊のサンホセ鉱山事故で、13日午前0時10分(日本時間13日午後0時10分)、救出第1号の副現場監督フロレンシオ・アバロスさん(31)が救出用カプセル「フェニックス(不死鳥)」で地上に引き上げられた。
 69日に及ぶ過酷な地底生活を耐えぬいての「奇跡の生還」。約1時間後には、2人目の作業員マリオ・セプルベダさん(40)も救出され、全員帰還への期待が高まった。
 セプルベダさんは地底から持参した袋から、岩のかけらを出迎えた大統領や地上の作業員らに渡した。地底生活の「土産」らしい。妻や作業員らと抱き合い、「マリオ、マリオ」とコールされるなか、派手なガッツポーズで喜びの声を絶叫した。

大統領に地底土産の岩、ひょうきん者マリオさん : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


むせび泣く人と勝手に盛り上がる人w 一時は絶望に追いやられた700mの奈落。よくぞ耐え抜きました。

岩だらけの中から拾った「岩のかけら」。でも銅や金の混ざっている文字通り「値千金」の鉱石です。

疲れた様子を微塵も見せないとこもすごいです。「屈強の男」ってこういう人たちなんだなー。

バイロン君もよく頑張った!


英語ソースもどうぞ。(最初の2人の救出について書いてあります)

The anxiety that had accompanied the final days of preparation melted away at 12:11 a.m. when the stoutest of the 33 miners, Florencio Avalos, 31, emerged from the missile-like rescue capsule smiling broadly after his half-mile journey to the surface.
In a din of cheers, he hugged his sobbing 7-year-old son and wife and then President Sebastian Pinera, who has been deeply involved in an effort that had become a matter of national pride.
The most ebullient of the bunch came out second, an hour later. Mario Sepulveda, 40, hugged his wife, Elvira, and then jubilantly handed souvenir rocks from his underground prison to laughing rescuers.
"I'm so happy!" Sepulveda yelled, grinning, punching his fist in the air and hugging everyone in sight. Sepulveda later said he had spent the last 10 weeks "between God and the devil."
"They fought, God won," he added.

'I'm so happy!' 11 Chile miners gain freedom - World news - Americas - msnbc.com

posted by viktw2 | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.